上水道工事実績
下水道工事実績
土木工事実績
設備実績
水道管内カメラ調査
ポリエチレンライニング工法
GMラウンド工法
ASS-L・H工法
会社概要
ご挨拶
沿革
安全・品質への取組
環境への取組
個人情報保護への取り組み
求人情報
お問合せ
HOME
土木工事実績

水道管内カメラ調査
水道管内カメラ調査は、道路下の水道管に内視鏡カメラを入れ確認する調査方法です。水道本管の水を止めなければできなかった調査が断水することなく行え、また管内を映像により目視できるメリットがあります。
管路内の堆積物やスケールの付着、内面塗膜の剥離状況、管体・継手部の状況などを的確に把握し、管路の更新時期や工事内容を正確に判断しています。

調査方法
既存の地下式消火栓や空気弁の下に設置されているボール式補修弁を介してケーブルを押し込み、管路内に内視鏡カメラを挿入します。
内視鏡カメラ
調査方法
調査方法
既設消火栓よりカメラ調査中
内視鏡カメラのついたケーブルを管内に送りこみます。
装置の特徴
■不断水で管路内の状況が撮影できます
■上流側・下流側へ各10m挿入可能
■カメラ挿入は既存の地下式消火栓や空気弁等の補修弁を利用(工事は不要)
■挿入箇所が無い場合でも、サドル分水栓(φ50mm)を介して挿入可能
■対象管路はφ75mm以上
■耐水圧は0.75MPa
■対象管路は、ダクタイル鋳鉄管、鋼管、塩化ビニル管、ポリエチレン管等
■軽量設計で、1日の作業能力は3〜5箇所(管路構成や管内面状況、消火栓の取り外し・復旧作業等による)
カメラ調査による画像
内視鏡映像 内視鏡映像 内視鏡映像
さびが沈殿している状況 さびが浮遊している状況
汚れのない状況を確認
▲Page Top