上水道工事実績
下水道工事実績
土木工事実績
設備実績
水道管内カメラ調査
ポリエチレンライニング工法
GMラウンド工法
ASS-L・H工法
会社概要
ご挨拶
沿革
安全・品質への取組
環境への取組
個人情報保護への取り組み
求人情報
お問合せ
HOME
土木工事実績

ポリエチレンライニング工法 / PFL工法
下水道管きょ更生工法 ―製管工法―

PFL工法は、下水道の既設老管きょ内面に補強材を取り付け、高密度ポリエチレン製のPFLパネルを設置し、既設管とPFLパネルとの隙間に高強度、高流動の注入材を注入し老朽管を更生する方向です。
強度復元
新管同等以上の強度を復元させるので、耐荷能力が向上します。
耐震に有効
表面部材の伸び、強度復元によりレベル2地震動にも耐震性能を発揮
耐磨耗性
硬質塩ビの約30倍の耐摩耗性を有します。
優れた水密性
表面部材のPFLパネルの優れた水密性により浸入水を防ぎます。
優れた耐薬品性
耐薬品性に優れ、更生管の耐久力が向上します。
PFLの構造図
PFLの構造図

工法手順
▼円形管     ▼矩形きょ  
調査・洗浄 調査・洗浄
調査洗浄 調査洗浄
高圧洗浄により、施工区間の管きょ内面を洗浄します。
 
高圧洗浄により、施工区間の管きょ内面を洗浄します。
 
KBM設置 KBM・ユーティリティ設置
KBM装置 KBMユーティリティ装置
高張力補強材(KBM)を人孔口から搬入し、コンクリートアンカーにて管きょ内面に設置します。
 
角部に設置するユーティリティーと高張力補強材(KBM)を人孔口から搬入し、コンクリートアンカーにて管きょ内面に設置します。
 
PFLパネル設置 PFLパネル設置
PFLパネル装置 PFLパネル装置
切断・加工を行ったPFLパネルを専用型枠に貼り付け、管きょ内へ搬入、設置をおこないます。
 
任意のサイズに切断・加工を行ったPFLパネルを管きょ内へ搬入、設置します。
 
注入材注入 注入材注入
注入材注入 注入材注入
更生材端部に注入口及び排出口を設け、既設管とPFLパネルとの隙間に高強度・高流動の専用注入材を注入します。
 
更生材端部に注入口及び排出口を設けます。また、施工面に専用治具を取り付け、既設管とPFLパネルとの隙間に、高強度・高流動の特性を持つ専用注入材を注入します。
 
目地部溶接 目地部溶接
目地部溶接 目地部溶接
注入材養生後、専用型枠のみ撤去し、PFLパネルの目地部の溶接をおこないます。同材質の溶接棒を使用するため、高密度ポリエチレンのみの更生面を成形できます。
 
注入材養生後、専用型枠のみ撤去し、PFLパネルの目地部の溶接をおこないます。同材質の溶接棒を使用するため、高密度ポリエチレンのみの更生面を成形できます。
 
完成 完成
   
施行例
施行前 施行後
施行前 矢印
施行後
最近の施工事例(尼崎市)
施行前 施行後
施行前 矢印
施行後
最近の施工事例(尼崎市)
   
▲Page Top

ポリエチレンライニング工法/PML工法

ポリエチレンライニング工法 / PML工法
下水マンホール更生工法

環境負担の少ないポリエチレンのライナーが防食膜を受け待ちます。
大掛かりな機材を使いませんので当然、作業の騒音などが少なくなっております。
また、有害な有機溶剤等は使用しませんので作業をされる方に健康な環境を提供します。
■工場製品であるライナーは完全な1枚に加工されて出荷されますので品質が非常に安定しています。
■また、完成品でありますので実際の施工日がくるまで安心して在庫ができます
■天候が悪くなったり、悪いと予測される日は順延できます
■好気性バクテリアが生成する、下水環境特有の酸に対して極めて高い耐酸性を有しております。
■下水共有中でも特別なパッカーを使用することにより作業は可能です。
PML断面図 既設人孔 PLモルタル PMLライナー(高密度ポリエチレン)
PFLの構造図

工法手順
▼1号2号3号人孔 円形タイプ   ▼ボックス型 非円形型タイプ
調査・洗浄 洗浄・劣化部除去
パッカーを接続管内に設置し、充填剤にて空隙を埋める。人孔内の施工前作業を行う。   既設コンクリートの劣化部を除去し、洗浄を行う。
 
ライナー挿入 ライナー加工
ライナー挿入 ライナー挿入
人孔口よりPMLライナーを折りたたんで挿入。   PMLパネルを所定の寸法に切断・加工を行う。
 
ライナー設置 コンクリートアンカー打設
ライナー拡張後、ライナー端部を止水剤等で処理する。   既設コンクリート面にPMLパネルを設置するためのコンクリートアンカーを打設する。
 
型枠設置 PPLパネル設置
型枠設置  
拡張したライナー内部に型枠を設置。   打設したコンクリートアンカーにPMLパネルを設置する。
 
PLモルタルの充填 PLモルタルの充填
PLモルタルの充填  
型枠設置後、既成人孔とライナーの隙間にグラウト材を充填する。   既設コンクリートとPMLパネルの隙間にグラウト材を注入する。
 
養生 養生
 
脱型 パネル接続部溶着
  パネル接続部溶着
グラウト材硬化後、型材を撤去。   PMLパネル同士の接続部を溶接して、一体化させる。
 
ライナー挿入 仕上げ
斜壁と直壁の接続部を溶接して一体化させる。   流入管、開口部等の仕上げを行う。
 
調査・洗浄 完成
調査・洗浄 完成
▲Page Top